飛鳥瓦、社寺屋根瓦葺きのスペシャリスト、石野瓦工業

HOME > 飛鳥瓦 当社製品情報 > 飛鳥瓦3号


飛鳥瓦3号使用 奈良市写真美術館 アスカ瓦3号 屋根の軒先部
 
本葺瓦と飛鳥瓦三号の比較

新しい瓦形状 飛鳥瓦3号

飛鳥瓦3号は従来の平瓦一枚と素丸瓦一枚の計二枚の瓦を一体化した製品です。


平瓦部が1段になることで飛鳥2号よりさらに見た目、重量ともに軽快になっています。
これにより、社寺建築のみならず、現代の多方面の建築にも採用されています。
もちろん一体化したことでのメリットは飛鳥2号と同様です。



施工に関しても葺土を使用しない乾式工法アスカ工法)を前提としているため、屋根重量の軽減とともに、野地の蒸れなども少なくなるなど、屋根自体の耐用年数も長くなります。

アスカ瓦3号の瓦尻ロック溝

飛鳥瓦3号はアスカ工法を前提に設計された専用瓦です。

 
アスカ瓦三号耐風構造

通常屋根瓦は、瓦の上部に釘を打って固定するようになっていますが、風にあおられて持ちあがると、瓦を固定する釘にはモーメントの作用によって5倍の力が加わります。

一方、飛鳥3号では瓦の上部だけでなく、瓦の下部も左下の瓦を重ねて固定する構造によって、強風であおられてモーメント力が作用するのを防止しているため安心です。



おもな飛鳥三号施工物件:


岡沢美術館、孝恩寺収蔵庫、三光丸本社、神宮寺本堂、当麻寺奥ノ院庫裡、奈良市写真美術館、
奈良シルクロード会館、二上山ふるさと公園、山添村ふるさと会館、ほか多数

 

HOME > 飛鳥瓦 当社製品情報 > 飛鳥瓦3号


〒632−0054 奈良県天理市桧垣町421−1

石野瓦工業株式会社
TEL:0743-66-1246

asuka@ishino.co.jp