飛鳥瓦、社寺屋根瓦葺きのスペシャリスト、石野瓦工業

HOME > 飛鳥瓦 当社製品情報 > 飛鳥瓦2号


飛鳥瓦2号施工 京都蓮華王院 アスカ瓦二号 屋根の軒先部分
 
本葺瓦と飛鳥瓦二号の比較

新しい瓦形状 飛鳥瓦2号

飛鳥瓦2号は従来の平瓦二枚と素丸瓦一枚の計三枚の瓦を一枚の瓦に一体成型した製品です。

平瓦部の2段を再現することで、本瓦葺きの重厚感を保ちながら軽量化を達成しました。
さらに一体化したことで、丸瓦がズレる事は無く、瓦自体の強度の向上というメリットもみられます。

施工に関しても葺土を使用しない乾式工法アスカ工法)を前提としているため、屋根重量の軽減とともに、野地の蒸れなども少なくなるなど、屋根自体の耐用年数も長くなります。

アスカ瓦2号の瓦尻ロック溝

飛鳥瓦2号はアスカ工法を前提に設計された専用瓦です。

 
アスカ瓦2号耐風構造

通常屋根瓦は、瓦の上部に釘を打って固定するようになっていますが、風にあおられて持ちあがると、瓦を固定する釘にはモーメントの作用によって約5倍の力が加わります。

一方、飛鳥瓦2号では瓦の上部だけでなく、瓦の下部も左下の瓦を重ねて固定する構造によって、強風であおられてモーメント力が作用するのを防止しているため安心です。



おもな飛鳥瓦二号施工物件:


飛鳥寺本堂、斑鳩町庁舎、円成寺本堂、鶴林寺淨心院、岸和田だんじり会館、久米寺、西大寺、
三十三間堂管理棟、大覚寺会館、壺阪寺本堂、念法眞教本山、東本願寺宝物殿、ほか多数

 

HOME > 当社製品 > 飛鳥瓦2号


〒632−0054 奈良県天理市桧垣町421−1

石野瓦工業株式会社
TEL:0743-66-1246

asuka@ishino.co.jp