HOME > 瓦歴史資料館





 

www.ishino.jp
www.ishino.jp

11.鴟尾・鯱

鴟尾は、建物の大棟の両端を強く反り上がらせるところに起源があると考えられています。中国漢代の墓に副葬されているミニチュアの建物にはすでに鴟尾が表現されています。

わが国では飛鳥時代からすでに鴟尾が作られており、飛鳥寺から古いタイプのものが出土しています。山田寺や和田廃寺には、胴部に羽根形の文様をもつものが作られております。よく知られたものに法隆寺玉虫厨子金銅製鴟尾があります。

白鳳時代の鴟尾には胴部に珠文帯を設けたり、腹部に蓮華文を飾ったり装飾性が豊かなものとなります。

奈良時代の鴟尾は史料に「沓形」と見えますように、奈良時代の貴族たちがはいた沓に似た形になります。唐招提寺金堂大棟西端の鴟尾が典型的なものです。伝世された奈良時代の鴟尾としては唯一のものです。奈良時代には瓦製の鴟尾があまり作られなかったものか、出土例は多くありません。史料に金胴製鴟尾のことがいくつか見えますので、焼き物よりそのようなものが作られたのでしょう。

平安時代には緑紬の鴟尾が作られたりしますが、あまり多くは作られなかったようです。

中世になると魚形に変化して鯱になります。建物を火災から守るために水に関わる想像上の海獣を屋根にのせるようになったのでしょう。戦国時代になりますと、鯱はとくに城郭建築に使われるようになります。

前の展示へ次の展示へ



中国大陸の瓦 | 朝鮮半島の瓦 | 飛鳥時代の瓦 | 白鳳時代の瓦
奈良時代の瓦 | 平安時代の瓦 | 鎌倉持代の瓦 | 室町時代の瓦
江戸時代の瓦 | 鬼瓦 | 鴟尾・鯱 | 特殊な瓦